株式会社深井製作所

新着情報
新着情報

【第45回全日本クラブ野球選手権大会】

祝 優勝 全足利クラブ

2021年5月29日~5月31日にかけて開催された【第45回全日本クラブ野球選手権大会】において全足利クラブが16大会ぶりの優勝、クラブ野球日本一の栄光をつかみ取りました。

全足利クラブには弊社、社員である中田智暁さん、藁谷遵人さんが所属しております。

投手である中田さんは、2回戦で前回優勝チームを相手に完投・完封勝利、決勝戦でも先発出場し勝利投手となるなど、最優秀殊勲選手賞(MVP)を受賞する活躍をされました。二塁手の藁谷さんは全試合に出場し、大会通算14打数6安打、守備でもファインプレーを見せるなどの活躍をされました。

また、同大会での優勝を受け6月29日から京セラドーム大阪・ほっともっとフィールド神戸で開催される第46回社会人野球日本選手権大会へ初出場します。これからも全足利クラブへの応援をよろしくお願い致します。

トレーニング用具入れ寄贈

弊社、特許技術embrella🄬を利用したトレーニング用具入れを(株)スバル、野球部へ寄贈させていただきました。

弊社深井コメント:「是非とも2大ドーム(東京ドーム、京セラドーム)へ出場していただき、応援しに行くことを楽しみにしております。日本選手権予選・都市対抗野球予選と目標に向かってご健闘をお祈りいたします。」

(株)スバル 大崎専務コメント:「御社の特許技術を利用した品を寄贈いただき、大変ありがたい。こうした取引先企業様の支援に感謝し、野球部には健闘してもらいたい。」

(株)スバル 野球部 君島主将コメント:「この度、立派なトレーニング用具入れを寄贈いただきありがとうございます。結果で恩返し出来る様に、チーム一丸となってまずは日本選手権予選・都市対抗野球予選を戦って参ります。」

写真前列左より(株)スバル 大崎専務、 弊社 深井社長、福地副社長

後列左より(株)スバル 畠山投手コーチ、君島主将、 弊社 大島担当、(株)スバル 富村監督

中期経営方針【 Professional R&P】を策定しました

前:中期経営計画【 蛻 変 】の期間終了に伴い、新:中期経営計画 を策定しました。

 Professional R&P 】
(プロとしての責任と誇り)

期間:2021年4月1日~2024年3月31日(第84期~第86期)

【中期基本方針】
 1.モノづくりの「原理・原則」を基本とした改善活動のランクUP
 2.ロス低減の追求
 3.FTIC事業に対する全面的な支援

【行動指針】
 「良いことを ていねいに 正しい順番で」

【中期経営目標】
 ・安全管理のランクアップ、安全人財の育成
 ・不良ゼロへの挑戦
 ・CSR、SDGsへの取組み

※R・・・Responsibility(責任)
 P・・・Pride(誇り)

栃木シティFCのクラブハウスにembrella®が採用されました

弊社の特許技術embrella🄬で作製したパネルがエクステリアとして栃木シティFCのクラブハウスに採用されました。 向かって左側、栃木シティFCの大栗社長と弊社、深井の記念ツーショットです。

写真の紺色と白色の斜めのパネルになります。あらためてこのような使用方法もあることが確認できました。遮熱板としても使用できるため昨今の暑さ対策にも使用できるかと思います。

80周年記念式典

この度(株)深井製作所は平成30年(2018年)10月1日をもって創立80周年を迎えました。創立80周年を機に日頃からの感謝の意も込めて記念式典を催しました。
80周年記念式典.JPG

80周年を迎え、創立からの現在までを振り返る記念動画も作製しました。

IATF16949規格認証登録されました

この度、自動車産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格である「IATF16949」を第三者機関より認証を受けました。従来のISO/TS16949規格から発展された規格であるため、世界の多くの自動車部品企業が取得を目指しており、これからのグローバル調達基準として採用しています。

IATF16949-2016_2018登録認証書.jpg

コンプライアンスポリシー

概要
当社は、お客様、取引先および地域社会から信頼され、社会にとって必要とされる企業を目指します。その実現の為には、コンプライアンス体制の整備と強化が必要とされています。 役員及び社員の一人ひとりがその意味を理解し、誠実な行動を徹底する取り組みを行ってまいります。
法令・社内諸規則・社会規範の順守
法令・社内諸規則及びその趣旨を正しく理解し、これを遵守します。また、社会規範に則った良識ある倫理的な事業活動を行います。
お客様からの信頼
お客様のニーズを把握して問題解決に寄与し、安全性と品質に優れた製品・サービスを開発、提供し、お客様の満足と信頼を獲得します。
公正な事業活動
すべての取引先に対して、良識と誠実さをもって公正にして透明度の高い事業活動を行います。
社会への貢献・責任
自社の社会的責任を認識し、健全な業務運営を行います。
人権尊重・健全な職場環境
すべての人々の人権を尊重し、不当な差別などにつながる行為は容赦しません。 また、従業員の安全と健康の確保に努め、互いに信頼感のある健全な職場環境の維持に努めます。
情報の適切な保護・管理
当社の「情報セキュリティ基本方針」、「個人情報保護方針」に従い、情報資産や個人情報を厳重かつ適正に管理し、情報システムのセキュリティについて適切な対策を講じます。
反社会的な勢力との関係遮断
社会の秩序と安全に脅威となる反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨みます。
環境の保全
地球環境の保全のため、当社の「環境方針」に基づき、環境への影響の低減に努力していきます。
国際的事業活動における国際ルール・現地法令の順守と現地の文化や慣習の尊重
海外現地法人及び海外企業との取引においては、国際ルール・現地の法令を順守します。また、現地の文化や慣習を尊重し、相互信頼に基づく事業活動を推進します。
コンプライアンス体制の推進・実施
本ポリシーに基づき、常に自らの行動を律するとともに、コンプライアンス体制の推進・定着・改善に努めます。

2019年2月1日
株式会社深井製作所
代表取締役社長 深井孟

中期経営方針【 蛻 変 】を策定しました

前:中期経営計画【Step up to First Class】の期間終了にともない、新:中期経営計画【 蛻 変 】を策定しました。
中期経営方針【 蛻 変 】(ぜいへん)
期間:(2018年4月1日~2021年3月31日)
    (第81期~第83期)
中小企業から 中堅企業への 蛻変
「 目標 しっかり 着実に 」
【中期基本方針】
 「 環境変化に強く、揺るがない体質を構築し、
夢を描き、夢を実現できる 企業となる 」
愚直に 地道に 徹底的に 

【中期経営目標】
(1)利益・・・売上営業利益の確保と自己資本の充実
(2)体質・・・更なる人材育成とモラルの向上
(3)アメリカ・・・FTICの自立化
※蛻変とは、蛹が幼虫から成虫になる時に、その堅い皮を脱ぐ状態を呼びます。

地域未来牽引企業に選定されました

経済産業省より、「地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業」として選定される「地域未来牽引企業」に、弊社も選定されましたことを報告させていただきます。
これからも軽量化技術特許技術のembrella®をはじめ、自動車部品製造を中心に様々な産業分野へ応用できる技術の開発をおこない、地域経済の発展に寄与できるよう活動を進めてまいります。

ISO14001:2015規格認証登録されました 

この度、環境に対する国際的な規格であるISO14001規格の改訂に伴い、弊社も新しい規格である
ISO14001:2015の認証を受けました。
今後も環境方針に基づき、環境と調和し環境にやさしい企業活動を行ってまいります。
ISO14001:2015登録認証書_01.jpg

『とちぎ女性活躍応援団』に参加しました

 栃木県では、女性の活躍を様々な角度から支援するため「とちぎ女性活躍応援団」を設立しました。この取組みは、企業や市町等のあらゆる機関が連携し、オール栃木の体制で女性の活躍に取組むことの趣旨で設立されたものです。この活動に深井製作所も賛同し、参加しました。
 現在は女性の意識改革を目的とした『女性塾』を毎月1回実施しています。
img-810154844-0001.jpg

JFL栃木ウーヴァFCのユニフォームスポンサーになりました

 JFL(ジャパンフットボールリーグ)でサッカープロリーグJ3参戦に挑戦している栃木県栃木市に本拠地を置く【栃木ウーヴァFC】のユニフォームスポンサーになりました。スポーツを通じて地域の発展・活性化になるようこれから応援していきます。
IMG_1350-300x225.jpg

※写真左から栃木ウーヴァ:岩原代表、深井製作所:深井社長、
 深井製作所:福田専務、栃木ウーヴァ:堺監督


深井社長からのコメント
「この度、栃木県南地域を活動拠点として全国リーグに参戦している栃木ウーヴァFCの
ユニフォームスポンサーの機会が出来ましたことを嬉しく思います。
是非、地域の子供たちを元気で明るくし、地域を活性化する起爆剤として活動できるよう
応援していきます。 頑張ってください!」
BC5A6F3A-8746-4810-832E-22875AF97C3F.jpg

駒場工場に新工場完成

 当社、駒場工場に建設していた新工場が完成しました。
 新規金型製作を行う工機課工場、および研究棟です。前者は大月工場から5軸加工機を筆頭に設備を移管し、最適なスペースで設備を設置することにより従来よりもスピードを上げた金型生産を行います。後者は金型の設計のほか、これからの新技術を研究する場となります。
 また、屋根上には太陽光パネルも設置。環境にも配慮したつくりとなっています。

大型プレス機能力増強

 4月29日(金)~5月5日(木)の連休を使い、2,700トントランスファープレス2号機の能力を3,500トンと同等まで能力を増強いたしました。これにより、従来加工の難しかったハイテン材についても加工できるようになります。

人とくるまのテクノロジー展に出展します

今年も『人とくるまのテクノロジー展』に出展します。
『人とくるまのテクノロジー展』は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車関連技術の専門展です。日々、進歩する自動車産業の技術革新へのあくなき挑戦とともに歩みを進め、国内でも有数の出展規模を誇っています。
  2016年は、2014年以来となる横浜・名古屋地区同年開催となります。弊社は横浜・名古屋の両地区の展示会に出展します。
page_header_image.jpg


page_header_image_nagoya.jpg


弊社の特許技術embrella®の量産事例を中心に展示をさせていただきます。これまでに環境・軽量化技術として環境大臣賞をはじめ省庁、県などから様々な賞をいただきました。自動車産業を中心にさまざまな分野で利用可能と考えていますし、将来は世界規模で地球温暖化防止や、環境保護に貢献することで、企業としての社会的責任を果たして参りたいと考えております。
弊社の小間番号は 横浜:256、名古屋:33になります。たくさんの皆様のご来場を心よりお待ちしています。