事業内容
事業内容

製品紹介

深井製作所の主な製品の紹介をします。
製品紹介.jpg

| Trackbacks [0]

組立ライン

【「質の量産」思想が活きているテクノロジーの錬磨】
ロボットや自動化ラインの設計製作をグループで供給できるFUKAIの技術集約が実現した高品質化、低コスト化。そして、生産の効率化に止どまらないテクノロジーの錬磨は、「質の量産」をテーマにCIM化へと向かい、無人化されたロボットシステムをさらにシステムアップさせていきます。

【充実している自動化・高度化した設備の保全効率】
生産機器、搬送機器、保管機器など多岐にわたるロボット群により無人化されたラインは、CIMによる管理能力の高度化も加わり、顧客ニーズである品質・コスト・納期すべてを高度にクリア。ユーザーのコストパフォーマンス追求に、FUKAIは設備の保全効率の高さで貢献いたします。
組立ライン

| Trackbacks [0]

プレスライン

【ユーザーニーズの多様化に伴う、高効率な多品種少量生産体制の確立】
 グループの自動化技術を集結し、最新鋭の自動プレス機械にロボットを組み入れた独自の生産ライン、FMSプレスラインを確立したFUKAI。ユーザーニーズの多様化に伴う多品種生産・小ロット生産の高効率化とともに、高精度化、低コスト化も実現、高度、複雑化するニーズに柔軟に対応しています。

【特化した固有技術に知能をプラス、<プレス間搬送ロボット>にFukaiの技術がヒカる】
自動化のノウハウを固有技術として蓄積してきたFUKAIは、その特化した技術にCIMの生産管理、機械設備管理機能を加え、最新鋭のロボットを多角的に組み入れた<プレス間搬送システム>を確立しています。ハンドリングロボットをはじめ、治具持ちロボット、ガン持ちロボット、CO 2溶接ロボットを加工ライン上に、無人化ラインをさらにシステムアップさせたこのシステムは、高精度・低コストを実現するFUKAIの独自技術として、ユーザーのあらゆる要求にお応えします。

3500トンプレス 2700トンプレス
1500トンプレス 1000トンプレス
1600トンプレス ロボットプレス


| Trackbacks [0]

設備・金型外販

【治具・設備・金型の外販】
 FUKAIは治具・設備・金型と外販も行っております。
自動化エンジニアリング・FA関連機器等、金型、自動化ニーズのあらゆる製造と販売に「FUKAIにて練磨された技術」を生かし応えています。
また、各種ロボットの販売で培ったオートメーション技術をベースに、生産の省力化や自動化を追求したFAについて常に技術革新と人間視点の両面からアプローチし、人にやさしい自動化システムで省資源・省エネルギー・安全・快適さ等を目指しています。
それにより、人間性を最優先する発想で設計・製作される各種製造装置や加工装置は、時代のニーズの高まりを受けて現在も幅広い分野に提供しています。
社内にプレス及びアッセンブリーラインがあり、工程設計から品質管理まで今まで培ったノウハウを設備・金型にも活かします。
設備写真(1).jpg


【川崎重工業 ロボット代理店】
FUKAIは川崎重工業製ロボット代理店を行っており、設備・金型だけでは無くロボット単体の販売から行います。
川崎重工業製は産業用ロボット40年以上の経験と実績を基に、その高度な技術と高性能をSimpleに、かつFriendlyに凝縮したアームとコントローラを使用しています。
その充実したラインアップでお客様の生産性と製品品質の向上に確実にお応えします。
またFUKAIは約200台のロボットが現在稼働しており、その実績を活かした経験からお客様へ提案・対応が可能です。
設備写真(2).jpg

お問い合わせ
(株)深井製作所 営業部 営業二課 TEL:0284-40-2013
(株)川崎重工業 産業用ロボットホームページ

【ロボット実用例】
 弊社では、TNDプレスの間にロボットを設置し搬送させる「プレス間ロボット搬送」を行っております。
設備写真(3).jpg


【新型ロボット duAro(デュアロ) 登場】
 現在、人とロボットとの「協働」が注目されています。その中で川崎重工業よりduAro(デュアロ)が登場しました。双腕ロボットで4軸×2腕の計8軸、可搬重量は2kg×2腕の計4kgとなっております。
「安全」「低トータルコスト」「システムの簡易的な立上げ」「小スペース」などが特徴です。「ながら作業」も可能です。

duaro.jpg

| Trackbacks [0]

深井製作所安全衛生方針

(1)安全衛生方針
「明るく災害のない 快適な職場環境をつくる」

(2)年度安全衛生方針
「安全6本柱を愚直に地道に徹底的におこなうことで、災害要因を先取りし、ゼロ災害を継続し、職場環境改善を推進し心と体の健康づくりに取り組む」

<取り組み>
安全6本柱
①安全朝一改善活動
②異常作業前KYT活動
③安全作業評価制度
④安全巡回
⑤安全横展開
⑥体感教育道場

| Trackbacks [0]

深井製作所環境方針

当社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題のひとつであることを認識し、地球環境の保全に努め、企業活動のあらゆる分野において、環境と調和し環境にやさしい企業活動を行う。

1)社是を旨として、地域社会から喜ばれる企業活動に努める。
2)環境マネジメントシステムを構築し、全員参加により、継続的改善に取り組む。
3)環境に関する法令・条例・地域協定等を順守し、環境の改善と汚染の未然防止に努める。
4)企業活動の発展のため、目標を設定し活動に取り組み、定期的な見直しも行う。
5)当社の企業活動が環境に与える影響の中で、次の項目を重点改善テーマとして取り組む。
 
 (1)省エネルギー、省資源、資源のリサイクル、廃棄物の削減、環境汚染の防止に積極的に取り組む。
 (2)環境をより良く発展させるための有益な活動に取り組む。
 (3)取引活動に着目し、自社内における環境改善にとどまることなく、理解と協力のもと広く他社とも改善活動を図る。

| Trackbacks [0]

情報セキュリティ基本方針

株式会社深井製作所(以下、「当社」という)は、当社の企業活動を通して得た顧客・取引先企業の情報や個人情報は、重要な「資産」であるとの認識のもと、その「情報資産」は故意や偶然という区別に関係なく、改ざん、破壊、漏洩等の脅威に常にさらされていることを強く受け止め、機密性を有する情報資産の安全確保を徹底すべく、全社的かつ継続的に情報セキュリティに取り組む事を目的として 情報セキュリティ基本方針を定めます。

1.情報セキュリティマネジメント
当社は、情報セキュリティに対する管理体制、社内規定を整備し情報資産の取り扱いに関するリスクマネジメントを行い、情報セキュリティの継続的な推進および改善を行います。
2.リーダーシップにおける責任
当社は、本方針の順守により当社および顧客の情報資産が適切に管理されるよう主導します。
3.法令等の順守
当社は、情報セキュリティに関する法令、国が定める指針、契約上の義務および、その他の社会的規範を順守します。
4.従業員等への教育活動
当社は、情報セキュリティを確保するため、役員および従業員、取引先企業、委託会社に対し、教育・訓練を努めます。
5.事故防止と対策
当社は、情報セキュリティの維持に努めます。しかし 万が一情報資産にセキュリティ上の問題が発生した場合は、迅速かつ適切に対応し、再発防止に努めます。
2018年10月1日
株式会社 深井製作所
代表取締役社長 深井孟
| Trackbacks [0]

2