企業情報
企業情報

 深井製作所は、部品・部材の研究・開発・解析から、金型の設計・製作、プレス・溶接・組立加工まで含めた自動車板金部品の一貫製造メーカーとして、高い技術と評価を確立しています。

深井製作所【研究・開発・解析から、金型の設計・製作、プレス・溶接・組立加工まで】

 総敷地面積63,190坪、総床面積9,777坪の巨大工場で日々新しい世界価値を生み出しています。事務棟には、スピードとリアリティを追求した最新鋭機の3次元CAD、工場には、独自の研究開発から生まれたプラズマ溶接ライン、従来のライン構築の概念を打ち破った溶接ロボットライン・無人化プレスライン等を設置し、超大型にして最新機能を駆使した工場です。2016年には足利市内の駒場工場を拡張し、設備の製作だけでなく、研究・開発拠点としてテクニカルセンターを設置。同年にはプレス能力3500t相当能力を持つものにバージョンアップをさせるなどして更なる業務拡大を目指しています。

深井製作所本社工場深井製作所本社深井製作所本社工場内深井製作所本社工場内
本社技術本部・品質保証本部・製造本部本社経営管理本部・営業本部深井製作所本社工場内深井製作所駒場工場
本社工場敷地全体図工場レイアウト

 自動車を中心とした部品製造、金型・治具の設計製作を行い、株式会社SUBARUのレガシィをはじめとする全ての車種、日産自動車のシーマ、フーガやフェアレディーZ、スカイライン等にも深井製作所の製品が生かされています。
 さらに、時代の潮流に取り残されることなく、品質規格ISO9001:2015、IATF16949、環境規格ISO14001:2015の認証をそれぞれ更新取得しています。
 また、北米にはFTIC(Fukai Toyotetsu Indiana Coporation)を設立し、現在国際的な品質と独創的な技術でグローバル化を進めています。